薬と健康の情報!おくすりナビ
薬と健康の情報!おくすりナビ
薬と健康の情報!おくすりナビ
薬と健康の情報!おくすりナビ > 薬データベース > 腎機能障害




薬DB

薬 副作用 腎機能障害

 

カテゴリーで探す
新着情報 皮膚塗り薬・
貼り薬
風邪薬
解熱鎮痛剤 鼻炎薬
ビタミン保健薬・ドリンク剤 胃腸薬
漢方薬
目薬 婦人薬
せき止め その他
副作用で探す
ねむけ 血液障害
不眠 肝機能障害
めまい
・ふらつき
腎機能障害
眼圧上昇
頭痛 視覚異常
尿量減少 血圧上昇
ショック症状 血圧降下
喘息発作誘発 過敏症(内服)
口の渇き 胃の不快感など
過敏症(外用) 便秘・下痢など
代謝異常 どうき・息切れ・不整脈など
瀕尿 その他(重篤なもの)
 ここで言う「腎機能障害」とは、薬剤を服用した際に起こるものを指して言います。「腎機能障害」は、主にBUN(尿素窒素)、クレアチニン(蛋白質老廃物)などの上昇を伴うものです。次にその判断基準値及び症状例を示します(判断基準値は厚生労働省副作用の重篤分類基準より、また正常値は目安としてお考え下さい)。
● 判断基準値
@ BUN(尿素窒素)(mg/dl)
・・・判断基準値 20より高(正常値8−20)
    (注意)判断基準値は、正常値目安から概算したものとお考え下さい。
A クレアチニン
・・・判断基準値 男性1.2より高、女性1.0より高(正常値、男性0.7−1.2、女性0.5−1.0)
(注意)判断基準値は、正常値目安から概算したものとお考え下さい。
B 蛋白尿
・・・判断基準定性 陽性(1+以上)(正常定性、陰性(−))
  C 尿量(ml/24hr)
    ・・・判断基準値 500以下(尿量減少の場合)、若しくは尿崩症による多尿(正常値、800−1500、一回あたり200−300)
D 血清カリウム値(mEq/l)
    ・・・判断基準値 5.0以上(正常値、3.6−5.0)
以下、「腎機能障害」のおくすりナビにおける詳細内容を示します。
(1)「腎機能障害」には、次の症状を含んでいます。
    症状例・・・血尿、ネフローゼ症候群、急性・慢性腎不全、尿毒症、水腎症など (2)副作用発症例としては、一部解熱鎮痛剤の服用などが挙げられます。

次に、「腎機能障害」を誘発する可能性のある薬剤の一覧(おくすりナビ薬剤データベースより抜粋)を示します。

グレラン・ビット
アネトンi総合感冒薬
ルルアタックIB
デビオンVG軟膏
リングルアイビー
ストナアイビー
バファリンルナ
アネトンi総合感冒カプレット昼・夜タイプ
アネトンi細粒 
ノーシンピュア
カコナールゴールドUP錠
ペラックコールド3
三共Z胃腸薬
リアップレディ
リアップ
パンシロンH2ベスト
アルタッドA
アバロンZ
ジキニン錠エースIP
ベンザブロックL
ベンザブロックIP細粒
ベンザブロックIP
コルゲンIB透明カプセル
パブロンN
パブロンエース顆粒
エスタックイブエース
エスタックイブ
セデスキュア
イブクイック
イブA
イブ
アンメルシン鎮痛錠
フェリア
大正トンプク
ナロンフレッシュC
ナロンエース
d−マレイン酸クロルフェニラミン
アスピリン
アミノフィリン
イソプロピルアンチピリン
イブプロフェン
テオフィリン
マレイン酸クロルフェニラミン
メフェナム酸
リン酸ジヒドロコデイン
(注意−1)上記薬剤は、おくすりナビ薬剤データベースに基づくものです。全薬剤を網羅したものではない、ということに注意して下さい。
(注意−2)おくすりナビ薬剤データベースにおける副作用表示は、比較的高頻度と考えられるもの、を表示しています。即ち、各薬剤において必ずしも、考えられるすべての副作用を表示しているわけではない、ということに注意して下さい。

 

| 薬と健康!おくすりナビトップ | 健康ニュース | 薬・健康トピックス | 健康Q&A | 薬DB | 薬と健康!おくすりナビとは! |

薬と健康の情報!おくすりナビ
ホームページ制作 福岡なら成功に導くペンシル!  プライバシーポリシー 薬と健康!おくすりナビリンク集  おすすめリンク
注意事項  お問い合わせ・ご質問は こちら