薬と健康の情報!おくすりナビ
薬と健康の情報!おくすりナビ
薬と健康の情報!おくすりナビ
薬と健康の情報!おくすりナビ > 薬データベース > メンフラホットIM




薬DB

メンフラホットIM

カテゴリーで探す
新着情報 皮膚塗り薬・
貼り薬
風邪薬
解熱鎮痛剤 鼻炎薬
ビタミン保健薬・ドリンク剤 胃腸薬
漢方薬
目薬 婦人薬
せき止め その他
副作用で探す
ねむけ 血液障害
不眠 肝機能障害
めまい
・ふらつき
腎機能障害
眼圧上昇
頭痛 視覚異常
尿量減少 血圧上昇
ショック症状 血圧降下
喘息発作誘発 過敏症(内服)
口の渇き 胃の不快感など
過敏症(外用) 便秘・下痢など
代謝異常 どうき・息切れ・不整脈など
瀕尿 その他(重篤なもの)

メンフラホットIM(メンフラホットIM)

効能・効果
肩こりに伴う肩の痛み,腰痛,関節痛,筋肉痛,腱鞘炎(手・手首の痛み),肘の痛み(テニス肘など),打撲,捻挫

成分
インドメタシン 0.375g 酢酸トコフェロール 0.3g トウガラシエキス 0.1g

副作用
一般的なものとして、皮膚(発疹・発赤・はれ・かゆみ・ヒリヒリ感・熱感)があります。

クリスからの一言
「メンフラホットIM」は温かい痛み止めが入ったシップ薬です。血行をよくすることも考えられますので、特に「コリを伴う方の痛みや慢性的な腰痛など」にお勧めです。注意として、「温感タイプのシップ」は入浴前1時間にははがして下さい(入浴時刺激を感じることがある)。また、就寝前には必ずシップをはがして下さい。<皮膚外用薬>

注意点
してはいけないこと(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は使用しないこと(1)本剤によるアレルギー症状(例えば、発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を起したことがある人。[以前お薬を使用してアレルギー症状を起したことがある人は、再び同じお薬を使用すると更に強い症状を起こす可能性があります]。(2)ぜんそくを起こしたことがある人。[ぜんそくのある人がインドメタシン等の抗炎症剤を使用するとぜんそく発作を誘発することがあります]。(3)11才未満の小児。2.次の部位には使用しないこと。(1)目の周囲、粘膜等。(2)湿疹、かぶれ、傷口。(3)みずむし、たむし等又は化膿している患部。3.連続して2週間以上使用しないこと
相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談すること。(1)医師の治療を受けている人。(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。(3)本人又は家族がアレルギー体質の人。(4)薬によりアレルギー症状を起したことがある人。(5)5〜6日間使用しても症状がよくならない場合

 

ホームへ

| 薬と健康!おくすりナビトップ | 健康ニュース | 薬・健康トピックス | 健康Q&A | 薬DB | 薬と健康!おくすりナビとは! |

薬と健康の情報!おくすりナビ
ホームページ制作 福岡なら成功に導くペンシル!  プライバシーポリシー 薬と健康!おくすりナビリンク集  おすすめリンク
注意事項  お問い合わせ・ご質問は こちら