薬と健康の情報!おくすりナビ
薬と健康の情報!おくすりナビ
薬と健康の情報!おくすりナビ
薬と健康の情報!おくすりナビ > 薬データベース > ストナT




薬DB

ストナT

カテゴリーで探す
新着情報 皮膚塗り薬・
貼り薬
風邪薬
解熱鎮痛剤 鼻炎薬
ビタミン保健薬・ドリンク剤 胃腸薬
漢方薬
目薬 婦人薬
せき止め その他
副作用で探す
ねむけ 血液障害
不眠 肝機能障害
めまい
・ふらつき
腎機能障害
眼圧上昇
頭痛 視覚異常
尿量減少 血圧上昇
ショック症状 血圧降下
喘息発作誘発 過敏症(内服)
口の渇き 胃の不快感など
過敏症(外用) 便秘・下痢など
代謝異常 どうき・息切れ・不整脈など
瀕尿 その他(重篤なもの)

ストナT(ストナT)

効能・効果
かぜの諸症状(のどの痛み,発熱,せき,頭痛,関節の痛み,筋肉の痛み,鼻水,鼻づまり,くしゃみ,たん,悪寒)の緩和

成分
トラネキサム酸750mg,アセトアミノフェン450mg,エテンザミド750mg,リン酸ジヒドロコデイン24mg,dl-塩酸メチルエフェドリン60mg,グアヤコールスルホン酸カリウム150mg,塩酸ジフェニルピラリン4mg,無水カフェイン75mg 

副作用
重篤なものとして、ショック(アナフィラキシー)、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死症(ライエル症候群)、肝機能障害、間質性肺炎、ぜんそく。一般的なものとして、皮膚(発疹・発赤・かゆみ)、消化器(悪心・嘔吐・食欲不振)、精神神経系(めまい)、その他(排尿困難、便秘、口のかわき)などがあります。

クリスからの一言
「ストナT」は、「トラネキサム酸」が配合された風邪薬です。扁桃腺が腫れやすい方はこの「トラネキサム酸」配合のお薬がお勧めです。比較的「のどの諸症状」に効果が期待できる処方になっています。「風邪を引いてのどの痛み・せき・たんが気になる方」にお勧めのお薬です。「顆粒」もあります。<風邪薬>

注意点
してはいけないこと(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください。(1)本剤による過敏症状(発疹・発赤、かゆみ、浮腫等)を起こしたことがある人。(2)本剤又は他のかぜ薬、解熱鎮痛薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください。他のかぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬)、トラネキサム酸を含有する内服薬(鼻炎用内服薬、歯科口腔用薬)。3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください(眠気があらわれることがあります)。4.服用時は飲酒しないでください。5.長期連用しないでください
相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師にご相談ください。(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。(3)授乳中の人。(4)水痘(水ぼうそう)若しくはインフルエンザにかかっている又はその疑いのある乳・幼・小児(15歳未満)。(5)高齢者。(6)本人又は家族がアレルギー体質の人。(7)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。(8)血栓のある人(脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎など)及び血栓症を起こすおそれのある人。(9)次の症状のある人。高熱、排尿困難。(10)次の診断を受けた人。甲状腺機能障害、糖尿病、心臓病、高血圧、肝臓病、腎臓病、胃・十二指腸潰瘍、緑内障。(11)肝障害を有する疑いのある人。(12)5〜6回服用しても症状がよくならない場合

 

ホームへ

| 薬と健康!おくすりナビトップ | 健康ニュース | 薬・健康トピックス | 健康Q&A | 薬DB | 薬と健康!おくすりナビとは! |

薬と健康の情報!おくすりナビ
ホームページ制作 福岡なら成功に導くペンシル!  プライバシーポリシー 薬と健康!おくすりナビリンク集  おすすめリンク
注意事項  お問い合わせ・ご質問は こちら