薬と健康の情報!おくすりナビ
薬と健康の情報!おくすりナビ
薬と健康の情報!おくすりナビ
薬と健康の情報!おくすりナビ > 薬データベース > バイエルアスピリン




薬DB

バイエルアスピリン

カテゴリーで探す
新着情報 皮膚塗り薬・
貼り薬
風邪薬
解熱鎮痛剤 鼻炎薬
ビタミン保健薬・ドリンク剤 胃腸薬
漢方薬
目薬 婦人薬
せき止め その他
副作用で探す
ねむけ 血液障害
不眠 肝機能障害
めまい
・ふらつき
腎機能障害
眼圧上昇
頭痛 視覚異常
尿量減少 血圧上昇
ショック症状 血圧降下
喘息発作誘発 過敏症(内服)
口の渇き 胃の不快感など
過敏症(外用) 便秘・下痢など
代謝異常 どうき・息切れ・不整脈など
瀕尿 その他(重篤なもの)

バイエルアスピリン(バイエルアスピリン)

効能・効果
頭痛・歯痛・抜歯後の疼痛・月経痛(生理痛)・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛。悪寒・発熱時の解熱。

成分
アスピリン(アセチルサリチル酸) 500mg

副作用
重篤なものとして、ショック(アナフィラキシー)、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死症(ライエル症候群)、肝機能障害、ぜんそく。一般的なものとして、皮膚(発疹・発赤・かゆみ)、消化器(悪心・嘔吐、食欲不振、胸やけ、胃痛、消化管出血)、精神神経系(めまい)、その他(浮腫、貧血、耳鳴、難聴)などがあります。

クリスからの一言
「バイエルアスピリン」は、その名の通り「アスピリン」が配合された解熱鎮痛剤です。「アスピリン」の1回当たりの服用量が多い薬になりますので、「いつもは十分に効果が出るのだが、今回は他の「アスピリン」製剤で効果が薄く感じると言う方」にお勧めのお薬です。また眠気が現れることもありませんので、眠気が来てはいけないと言う方にもお勧めです。15歳未満のお子様への使用は許可されていませんので問題はないかと思いますが、インフルエンザの患者には当薬のような「サリチル酸系製剤」の使用は禁止されていますので、ご注意下さい。

注意点
してはいけないこと(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなる。)
1.次の人は服用しないでください。 (1)本剤又は他のアスピリン(アセチルサリチル酸)製剤によるアレルギー症状(発疹・発赤、かゆみ、浮腫等)を起こしたことがある人。 (2)本剤又は他の解熱鎮痛剤、かぜ薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。 (3)15歳未満の小児。 (4)胃・十二指腸潰瘍を起こしている人。 (5)出血傾向(手足に点状出血、紫斑ができやすい等)のある人。 (6)出産予定日12週以内の妊婦。
2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください。
(1)他の解熱鎮痛剤、かぜ薬、鎮痛薬 。(2)服用時は飲酒しないでください。 (3)長期連用しないでください。
相談すること(次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください)。
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。 妊婦又は妊娠していると思われる人。 (2)高齢者 。(3)本人又は家族がアレルギー体質の人。 (4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (5)次の診断を受けた人。心臓病、腎臓病、肝臓病 。(6)次の病気にかかったことがある人。胃・十二指腸潰瘍。(7)5-6回使用しても症状がよくならない場合。

 

ホームへ

| 薬と健康!おくすりナビトップ | 健康ニュース | 薬・健康トピックス | 健康Q&A | 薬DB | 薬と健康!おくすりナビとは! |

薬と健康の情報!おくすりナビ
ホームページ制作 福岡なら成功に導くペンシル!  プライバシーポリシー 薬と健康!おくすりナビリンク集  おすすめリンク
注意事項  お問い合わせ・ご質問は こちら